レスベラトロールの効果とは?

レスベラトロールとは?

レスベラトロールとは最近発見されたポリフェノールの一種で、飢餓状態でしか発動しなかった長寿遺伝子を活性化させる働きがあることで注目されています。
研究が進むにつれて、健康を気にする人のサプリメントとして人気急上昇中です。

レスベラトロールの種類

レスベラトロールはブドウの他にも、ピーナツの渋皮や、イタドリ、インドネシアの植物メリンジョなどにも含まれています。
ただし、レスベラトロールといっても実はその構造によりいくつかの種類があり、植物により含まれる種類が少しずつ違っています。
ブドウ由来のレスベラトロールにはサーチュイン遺伝子を活性化させるエビデンスがある希少なトランスレスベラトロールやε-ビニフェリン(2量体)などが多く含まれます。これらのレスベラトロールは研究が進められ、多くの機能がわかってきています。
また、イタドリにはトランスレスベラトロールが多く含まれますが、イタドリは漢方薬として利用されてきた植物で、日本では医薬品扱いになります。

レスベラトロールの副作用と安全性

特に副作用などはないと考えられていますが、常識の範囲を超えた大量摂取ではなんらかの副作用があるかもしれません。サプリメントで1日の目安量を守って摂っている範囲では問題ありません。

レスベラトロールの効果

ブドウの皮や落花生の薄皮の紫がかかった赤い色に含まれています。レスベラトロールが近年注目されているのはその強力な抗酸化作用と「サーチュイン遺伝子」と言われる老化を遅らせて寿命を延ばす遺伝子の働きを高める効果が期待されているからです。